いつか使えそうな何か

Your awesome Tagline

674 リアクション

1980年代初頭、 スタンフォード大学の心理学実験室である極秘実験が行われた。

被験者はスタンフォードに通う12人の20代の大学生、大学院生を対象にし、
実験にあたり、被験者の人種、性別、性格、信仰宗教などを調べ、彼らをランダムに
グループ分けをした。

そして実験の前にAグループには数十年前に殺人事件があったという説明をして
その曰くつきのアパートに一週間住ませた
もう一つのBグループは新築のアパートの評価の審査員だと説明し同じく一週間住ませた。

一週間後、Aグループは実験当日から体の不調を訴え、脱落者が続出、いわゆる霊体験というものを
体験した被験者もいた。
もう一方のBグループの被験者には問題もなく、快適に過ごせたという報告が上がってきた。中にはその後も
そのアパートで住むことを決めた者もいた。

そしてこの研究実験の指揮を執った心理学の教授は論文に「心霊現象=プラセボ現象である」
と結論付けて実験は終了した。

なぜならその実験場所としたアパートは実は逆であり、Aグループが住んだアパートが古く見せた新築のアパートで
Bグループが住んだアパートこそ一家惨殺事件が起きたアパートだったからである。

折しも、海の向こうアメリカでは「悪魔の住む家」の映画がヒットした年であったのは皮肉でしかないだろう。
やる夫でコピペ 174スレ目 - やる夫系雑談・避難・投下板(やる夫板) (via 46187)

(otsuneから)

960 リアクション

1960年代から80年代にかけて英国の研究者が旧ユーゴスラビアで行った追跡調査では、性格と死亡率には明らかに関係があった」(奥村教授)という。目的意識を持ち、それが達せられないときに自分が全部背負ってしまうまじめな人は、いちばん死亡率が高かった。

 うまくいかないと他人のせいにする人や、さっさと別のことに乗り換える移り気な人は、逆に死亡率が低い。この実験では、まじめな人に対して「うまくいかなくてもそんなに気にするな」と考え方を変える訓練をしたら、長生きすることもわかった。

激しい運動は逆効果、免疫力を上げ健康になるには? - トレンド - 日経トレンディネット (via kotoripiyopiyo)

(phaから)